FC2ブログ

食う寝る以外の時間ここ

適当に思いついたことを書いていきます。どうか、すべりませんようにすべりませんように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年映画 勝手にベスト100(41位~50位)

2012年に私が劇場で観た映画100本を勝手にランク付け。

続いては、第41~50位。
鑑賞当時の感想ツイートと共にどうぞ。



41位 ヒューゴの不思議な発明

駅の時計台に住む孤児のヒューゴ。父が残した機械人形を修理するなか思いがけない出会いが…/ジョルジュ・メリエス氏の功績が語られる場面では“映画”というものへのワクワクを登場人物と共感するような心地よさがあった。なんちゃって映画好きな僕ですらそう思えた。


42位 スーパー・チューズデー~正義を売った日~

米大統領予備選の有力候補の広報官スティーブンは、敵陣営と極秘で接触してしまい、さらに内部ではスキャンダルが発覚し…/意外とシンプルな話。ドロドロしすぎず、それぞれの立ち位置・思惑・正義の線引きもわかりやすくていい。ただ、話のつなげ方には無理やり感も?


43位 J・エドガー

初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバー。50年間、権力者として君臨した男の、野望と苦悩に満ちた半生/彼自身の他人には言えない意外な秘密に迫る場面。正直、笑えた。キュンとさせられる人もいるのかもしれない。とにかく作品への目線を見事に変えさせる場面だった。


44位 ディクテーター 身元不明でニューヨーク

ワディヤ共和国のやりたい放題の独裁者アラジーン将軍は国連での演説のため意気揚々とNYに旅立つけど…/こいつ愛せるなあ。演説を聞いて彼に理があるんじゃないかとすら思えた。あと、腋毛舐めるのがエロっ。すごく“アラジーン”な映画だったな。


45位 トロール・ハンター

熊の密猟事件を追う学生たちが取材中に偶然、伝説の妖精トロールの姿を撮影し…!?/という擬似ドキュメンタリーもの。にしては映像が都合よく上手すぎる気がしたなあ。トロールハンターのオッサンの、マジなんだけどちょっと滑稽な感じがわざとらしく見えてもったいない。


46位 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

911で父親を失った少年は遺品から1本の鍵を見つけ…/出来すぎな展開に違和感を覚えていたら、実はそこに予想外な形で彼を包み込む大きな愛の存在があって、思わずウルッときてしまった。同時に、自分はこんないい大人じゃないなあ、と自己嫌悪。


47位 バトルシップ

世界各国の海軍が集結した大規模演習のさなか、突如エイリアンの巨大な母船が出現…壮絶な戦いが始まる!/テクノロジーの差を克服して戦うのが燃えるんだけど、意外と対等に戦えちゃって不完全燃焼。あと、あんな中途半端な連合軍なら、いっそ米軍だけで戦えばいいと思うよ。


48位 ミッドナイト・イン・パリ

パリを訪れた脚本家が迷い込んだのは憧れの1920年代。当時の作家・芸術家たちとの交流に胸を躍らせ…/「懐古厨も大概にな」と喝を入れつつ「それをヘミングウェイも知らないやつが言うなよな」とお叱りを受けたような感じ。話はすごく優しい作りで見やすかった。


49位 恋のロンドン狂騒曲

両親が熟年離婚し、その娘夫婦もまた結婚生活が破綻。4人それぞれ新たな恋へ向かうけど…/現実から目を背けた結果の恋模様が実に滑稽なラブコメ。彼らのその愛すべきイタイ恋と人生は映画ED後もきっと続くのでしょう。エキゾチック美女フリーダ・ピントさんステキです。


50位 戦火の馬 

少年アルバートと愛馬ジョーイの友情は大戦で引き裂かれた。軍馬となったジョーイは戦火のなか人々との出会いを重ね、そして…!?/正々堂々とした美談だなあ。「ご都合主義だね」なんて言ったら、こっちが恥かくんじゃないかってぐらい。馬と草原の映像はすごくきれいで圧倒される。



アカデミー賞にノミネートされたような作品、
『ヒューゴの~』(41位)、『ものすごく~』(46位)、『ミッドナイト~』(48位)、『戦火の馬』(50位)がこの辺に。低いでしょうか?
『ディクテーター』(44位)や『バトルシップ』(47位)がこれらと並んでいいんでしょうか?
まあ、いいんでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2013/01/02(水) 19:45:29|
  2. 企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012年映画 勝手にベスト100(31位~40位) | ホーム | 2012年映画 勝手にベスト100(51位~60位)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://katsukarei.blog.fc2.com/tb.php/310-bfd4ae77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

T・カツカレー

Author:T・カツカレー
SPA!のバカサイに投稿してたり、してなかったり。名前を見かけたら笑ってあげて。あとACEというアマチュア制作集団で構成作家みたいなこともやってたり、やってなかったり。ほぼやってないです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ツイッター (353)
企画 (11)
大喜利 (1)
未分類 (2)
あいさつ (1)

タグ

映画 漫画 女の子 企画  お笑い 演劇 小説 試し書き ライブ 大喜利 

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。